花の都は大東京

  • 2017.10.30 Monday
  • 19:45

華の都に憧れて、飛んできました一羽鳥。

ちりめん三尺ぱらりと散って、花の都は大東京です。

※映画「竜二」から

続きを読む >>

ひやおろし 2017

  • 2017.10.13 Friday
  • 22:32

秋もますます深まってきました。
大きな蔵元では仕込が始まっている所もあります。
新酒ができるまで約一ヶ月半といった所でしょうか?

では秋の旬彩とともに秋のお酒をご案内致します。

続きを読む >>

喜楽長 ひやおろし

  • 2017.09.17 Sunday
  • 11:23

『春先にしぼられた新酒は、一度火入れされたあと貯蔵されます。
暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、熟成を深め、やがて秋風が吹き始めたら、いよいよ目覚めのとき。
ほどよく熟成されたお酒は、2度目の火入れをせずに出荷されます。
その昔、二度目の加熱殺菌をせず「冷や」のまま、貯蔵用の大桶から木樽に「卸(おろ)して」出荷したことから、このお酒は「冷卸(ひやおろし)」と呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。
貯蔵の形こそ、タンクや瓶に変わりましたが、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて
、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷する〈ひやおろし〉の本質は昔と変わりません。
豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、滑らかな口あたり、濃密なとろみが魅力のお酒です。』

とチラシには毎年書くのですが、
今の蔵元で出荷の折に再度火入れする事もほとんどないので、レッテルの明記に《28BY》と書いてあればほとんど《ひやおろし》の定義なんです。
よって数年前までは《秋の酒》なんてする事にやや抵抗がありましたが、シーズニングを追う事が啓蒙する繁栄になるのなら《ひやおろし》もアリかな?と近年は思うのです。

続きを読む >>

夏季休暇

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:27

8月末から9・10月が当店の暇々な時期。

新婚旅行以来、二十四年ぶりに嫁と旅行に行った。
出雲まで出向くつもりだったが、夏の疲れが取れないので近場の三重を探索。

続きを読む >>

大倉 山廃純米大吟醸 雄山錦45% 直汲み

  • 2017.09.04 Monday
  • 08:49

28BY=2016〜2017年の仕込みから取扱いをした奈良県大倉の酒。

大桝屋さんが扱うならとりあえず一本。

俺が好きなんやから呑んでみろや!的に薦めてご購入いただき一本。

と、じわじわファンが増えてきています。

続きを読む >>

津島屋 備前産雄町 純米大吟醸 無濾過生原酒

  • 2017.09.03 Sunday
  • 18:33


7月からアップできていない(泣)

お盆過ぎまでは、夏祭りなどイベントのサーバー設置に追われていました。
ほとんど生ビール屋をしておりましたが・・・
俺は70歳を越えても、こんな重労働をしなければならんのかなぁ?
と、やや危機感をもっていました。

続きを読む >>

竹平楼さまにての《夏の日本酒の会 松瀬社長を迎えて》

  • 2017.07.03 Monday
  • 21:42

土曜日に、愛知川 竹平楼さまにて《夏の日本酒の会》が行われました。

 

 

 


竹平楼さまにての日本酒の会は、
昨夏の松の司の会を皮切りに、冬の獺祭の会、今回の松の司の会で三回目です。

私、飲食店様と共に2014年頃から日本酒の会を何十回と行ってきましたが、
一つの分岐点もしくは到達点となるべく考え深い思いがありました。

続きを読む >>

笑四季 竹嶋事変 純米大吟醸

  • 2017.06.24 Saturday
  • 19:38

最近外回りが忙しくて、

あまりブログアップしている時間がないのです。、

《間違いからの成功》の問合せが結構ありまして、

続きを読む >>

三連星 純吟おりがらみ と 美冨久 山廃純米にごり 

  • 2017.05.12 Friday
  • 13:49

 豊臣秀吉がまだ木下藤吉朗だったころ、
琵琶湖の南に《金目教》という怪しい宗教が流行っていた。

 

それを信じない者は恐ろしい祟りにみまわれるという・・
その正体は何か?

 

藤吉朗は《金目教》の秘密を探るため、飛騨の国から仮面の忍者を呼び寄せた!

 

 

その名は・・・ 赤影参上!

 

 

続きを読む >>

津島屋外伝 純米大吟醸無濾過生原酒 四十一才の春

  • 2017.05.11 Thursday
  • 20:08

ラベルは、書家の 遠藤泉女 氏。
杜氏の年齢と共に毎年ラベル表題が変化します。
それほどに、この酒はこの蔵にとって様々な思いが詰まった酒だと思われます。

契約栽培した岐阜県産の低農薬山田錦を使用。
化学肥料は一切使用せず有機肥料で栽培。
精米 50%。
純米大吟醸無濾過生原酒。

上品で華やかな香り、やさしい甘味と酸が絡み合いまろやかで程よいコクを堪能出来る味わいです。

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM